Event is FINISHED

一般社団法人Medical Studio #11

Description

g-schoolセミナー01

児童虐待を知る、考える

ゲスト講師:ルポライター 杉山 春さん
聞き手:小児科医 小松 充孝さん

医療者のためのコミュニティ・デザインセミナー「g-schoolセミナー」は、ここからスタート。

小児科、産科・婦人科だけでなく、救急科や内科、皮膚科や外科系診療科でも遭遇する児童虐待。
ジェネラル志向の医療者であれば、残念ながらしばしば診ているはずです。
しかし、そもそもその親子はどのように暮らしているのか、どのような経緯でその状態に至っているのか、潜在的にある支援ニーズにどう気づけるのか、想像するのは容易なことではありません。社会制度はどこまで対応できているのか、医療者として、住民として何ができるのか、も含め、親子支援の可能性を考えませんか?

講師は、児童虐待の現場を取材を重ねてきたルポライター「杉山 春さん」
雑誌記者を経て、フリーのルポライターになります。著書に、小学館ノンフィクション大賞を受賞した『ネグレクト―育児放棄 真奈ちゃんはなぜ死んだか』(小学館、2007年)、『移民環流―南米から帰ってくる日系人たち』(新潮社、2008年)『ルポ 虐待―大阪二児置き去り死事件』(ちくま新書、2013年)『家族幻想―「ひきこもり」から問う』(ちくま新書、2016年)、『児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか』(朝日新書、2017年)などがあります。
また、杉山さんは、これまでに困難を抱える子どもや家族の居場所づくりにも取り組んでいます。現在は、相模原市での県営団地で親と子の居場所「みんなの居場所てとてと」の共同代表として活動中でもあります。

聞き手は、賛育会病院小児科部長(小児科医)の小松 充孝さん。賛育会病院は、地域周産期母子医療センターとして、NICUや小児科医24時間常駐の体制を整え、さまざまな症例を受け止めている病院です。小松さんとゲスト講師とフロアで議論を進めていきます。


ジェネラル志向の医療者のラーニング・コミュニティ「g-school」は、4月20日にスタートします(登録サイト準備中)。セミナー当日までに入会(月額1,500円+tax)すれば、このセミナーから無料で参加いただけます。入会しないでこのセミナーにご参加いただく場合は、peatixから2,500円+taxを事前にお支払いいただき、ご参加ください。

なお、g-schoolでは、セミナーを会員向けにネット中継するほか、録画した映像を編集し、後日配信するサービスを予定しています。今回に限り、いずれもありません。予めご了承ください。セミナーテーマの性質から、中継および映像編集を控えますが、レポート記事としてまとめ、後日会員向けに配信します。

Thu Apr 25, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
g-school非会員 SOLD OUT ¥2,500
g-school会員 FULL
Venue Address
港区芝浦3丁目15−4 Japan
Organizer
一般社団法人Medical Studio
122 Followers